忍者ブログ
ライトノベル作家、八薙玉造のblogです。 ここでは、主に商業活動、同人活動の宣伝を行っております。
twitter
プロフィール
HN:
八薙玉造
性別:
男性
自己紹介:
 ライトノベルをガリガリと書かせていただいている身の上です。

メールはtamazo☆carrot.ocn.ne.jpまで。(SPAM対策で@を☆に変更しています。@に直してお送りください) 
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
忍者アナライズ
[269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あけましておめでとうございます!

そんなわけで、正月から、出遅れ感があるわけですが、
無事、コミケも終えて、正月を迎えることができました。

今年も例年どおり、グダグダのろのろ、行き当たりばったりで、
定期的に修羅場ですが、懲りずによろしく御願いします。

抱負のようなものを書いてみようとしてたんですが、
言葉を伏せたり、そもそもまだ正しいかわからないことを書くのもどうかと思ったので、
単純な目標として去年よりもたくさん本を出す!
ということにしようと思います。


で、まあ。
言うまでもないのですが、年末はコミケで東京入りしていました。
ここからはコミケ日記です。

拍手


今回は夜行バスでの往復だったんですが、風邪を危惧して、
マスクしてみたら、これが効果覿面。
周囲の匂いを遮断するので、夜行バスでありがちな周りの匂いが気になってしまう現象を、
無効化。加えて、喉を保湿し、うっかり涎を垂れても恥ずかしくない!
夜行バス使う方、これ、超お勧めです。

そして、28日の朝に東京入り。
友人たちとの合流予定が昼だったため、まずは先日の集英社のパーティの時、
うっかり二日酔いして行きそびれた芝の増上寺→愛宕神社へ。

東京タワーとお寺が同時に存在する光景はやはり、不思議。
それはそれとして、徳川家光の時代に、馬で上り下りした武士がいるとかいう愛宕神社の石段は、
馬での昇り降りぐらい、簡単だろーとか思っていたら、謝りたくなる急角度で
本気でビックリ。
というか、僕は下向きながら、注意深く降りなければなかったありさまでした。
ビル街に八十段越えの石段とか、東京は本当に江戸の名残と、東京の町並みが
同居していておもしろいです。

その後、友人たちと合流し、『劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂』を鑑賞。
ひたすらおっぱいが強調されて、たいへんいやらしい映画でした。
いや、普通にいつもの仲間や、妖怪たちがガンガン出てきて、
勝手気ままにはしゃいでいるのだけで、十分おもしろかったんですけどね!

でも、やっぱり、おっぱいと夜道怪と、ぬらりひょんが頭に残ってしかたがない。
あと、閻魔大王と目玉の親父は、勢いだけでものを言うのは自重なさい。

僕のコミケ参戦は30日のみなので、以後は友人の家でひたすら酒を飲んだり、
アニメを観たり、映画を観たり(ザ・フィースト)やはり、酒を飲んだりしていました。
満喫。

そして、30日。
ギガ様に手伝ってもらいつつ、コミケ本番。
今回もたくさんの人が来てくれてありがたかったです。
本を手にしてくれた方、スペースに来てくれた方、お会いした皆さん。
本当にありがとうございました。

この時、わざわざ来てくれた『日本量産党』の書記長から、
原稿の報酬をいただきました。

その額、一億円!

DVC00346_M.jpg











一億円を手に、小躍りしていると、なんだかギガ様が凄く煙たいものを見る目をしました。

そして、今回のマスコットキャラ、朝倉さん。

DVC00347_M.jpg










「脳がはみ出ても殴るのをやめない!」
ジード様のHPはとっくに0なので、勘弁してやってください。

コミケ後、友人たちと合流し、居酒屋で打ち上げ。
店員さんが「もしかして、祭帰りですか?」とか、仰られる、素晴らしい居酒屋でした。
というか、三日出た上でそのまま働いてるって、身体を労わってあげて!
ほんと、労わってあげてー!

で、酔ったまま、帰りの夜行バスで大阪へ。
メールを打とうとしている途中で寝オチするありさまでしたが、
無事帰り着くことはできました。

そんなこんなで、昨年はどうも本当にお世話になりました。
改めてですが、今年もよろしく御願いします!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]