忍者ブログ
ライトノベル作家、八薙玉造のblogです。 ここでは、主に商業活動、同人活動の宣伝を行っております。
twitter
プロフィール
HN:
八薙玉造
性別:
男性
自己紹介:
 ライトノベルをガリガリと書かせていただいている身の上です。

メールはtamazo☆carrot.ocn.ne.jpまで。(SPAM対策で@を☆に変更しています。@に直してお送りください) 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
忍者アナライズ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
コミケから帰ってくるのが年が変わる二時間前とかになりそうなので、
今日のうちに今年の総括でもやっておこうと思います。

2011年は日本のあちこちが、大きな災害に見舞われた年でしたが、
あくまで僕個人としては、多分、人生でも屈指のひどい年だった、去年、一昨年と比べて、
よい年だったと思います。
特に、色々としなければいけないことが増えて、後半が充実していました。

今年、得たものを、来年、きちんと形にできるように、
年明けからは、いっそうがんばっていきたいです。
明日からがんばる。

さておき。
『獅子は働かず~2』(略称 ししはた)が発売になった時に、
温泉温泉言うのに夢中になっていて、うっかり忘れていたのですが、
ししはた2が、デビューから十冊目の本になりました。

四年強で十冊と、ライトノベルとしては少な目なので、もっとがんばらないと
いけないのですが、ともかく、ひとつの区切りとして、受け止めていこうと思います。
要するに、十冊出せて、普通に喜んでいるわけですけど!

『作家』と名乗るのは、十冊は本を出してからにしろ! と、
デビューした頃、言われたので、これまで肩書きを『ものかき』と
していましたが、今後はきちんと『作家』と名乗ろうと思います。
(この話自体は、友達の作家さんも、似たことを言っていたので、
有名な話なのかもしれません)

作家、八薙玉造として、精進していきます。
具体的には、『作家』ってつけた新しい名刺を作りたい。
むしろ、名詞になんか巫女とか、幼女とか載せたい。うわ! よせよ!
夢だけは広がります。

ということで、来年もよろしくお願いします!

拍手

PR
『獅子は働かず 聖女は赤く』1巻の表紙を、実写で再現してみたぞ!
2011_1217_170114_R.JPG







ユリウス「獅子ってだけじゃないですか!?」
アンナさん「赤いってだけですよね!?」

さらに、1巻の目次イラストも実写再現してみたぞ!
2011_1217_165039_R.JPG







ユリウス「これ、やりたかっただけですよね!?」
サロメ「これ、竜ってだけじゃ!?」
アンナさん「これ、包丁じゃないですよ!」

ぽんかん⑧さん、マジ、ゴメン。
そして、全然、再現できてないこと、僕、知ってる。

拍手

まずは冬コミお疲れ様でした。
スペースまでわざわざ来てくれた皆さん、本を手にしてくださった皆さん、
本当にありがとうございました。

日程が急だったり、寒かったりでしたが、おかげでモチベーション上げて帰ることができました。
帰りの新幹線がこの帰省ラッシュに自由席で、体力的にはかなりアレでしたが、
そこはガッツでカバーとか、そういう感じで。


というわけで、コミケも終わって、2010年もおしまい。
無事、大掃除も終えて、今は発泡酒飲みながら、「笑ってはいけないスパイ」とか観ています。

2010年は個人的にきつい年でした。
仕事とかはおいといて、ごくごくプライベートなことでふたつほどどうしようもないことがあって、
胃は痛くなるし、困った一年でした。
まあ、どちらも去年から引っ張ってきたことだったのですけど。

とりあえず、そのあたりは今年の後半である程度、解決するかもしれない方向に
向かい始めてくれたので、それなりに前向きに考えていきます。
今年の最初よりは、すっきりと正月を迎えることができそうです。

そんな具合で、来年はよほど劇的なことがなければ、今年よりいい年になりそうなので、
仕事もプライベートも、ガシガシと攻めていこうと思います。
攻めていけるといいな。
がんばる。

来年もよろしくお願いします。

拍手

ちょっと間があいたら、九月に入っちゃったよ!
でも、空気など読まず、いまだコミケの話を……まだコミケに行ってもいねえ!

ということで、14日の夕方。
『シノビガミ』のセッションも終わったので、夕飯。
夕飯は酒に合うオツマミの研究には余念のないオトコが作ってくれるので、
僕の仕事は酒の買い出しと、あとは、ゲームとかしてることでした。
適材適所! 適材適所なの!


■琉神マブヤー祭
このあたりで、また一人、友達が合流し、無事、夕飯。
ビールをゴクゴクいわしつつ、異様なほどオツマミとして特化した夕食をいただく。
酒が進んで進んでしかたないところで、今日のDVDは

『琉神マブヤー』!

沖縄の御当地ヒーローのDVDで、以前、かずゆさんから差し入れにいただいた代物。
差し入れ……?
(かずゆさん、ありがとうございます!)

http://www.mabuyer.com/

DVDをプレイヤーにセットしつつ、これ、どのぐらいの時間なんだろう?
と、パッケージを見てみると、全13話。二時間強。

本気だ! マブヤー!

全話、一気見、堪能しました。

沖縄の大事なもの(方言、夏祭りなど)を奪おうとする悪の軍団、マジムンと
マブヤーの戦い。

わりとうっとうしい、アドバイザーのシーサー、ケン(見た目は犬の着ぐるみ着たオッサン)
上から打ち下ろす、すごく痛そうなマブヤーのパンチ。
当たるとシャレにならない角度と速度で吹き飛ぶ、マブヤーの飛び道具。
でも、ヒーローとして、他とは違う方向を作り出していて、えらい力の入った作品でした。
力が正義じゃないというのを、作中でちゃんと描いたのはいいなーと思う。

ケンのうっとうしさがすごいけど! だが、それがいい。

で、マブヤーを堪能し過ぎ、テンションの上がりきったバカの子が酔い潰れたわけですが、
そのような些末事に関わっている暇はない。
(なお、二日酔いどころか四日酔いだった模様。バカだよ!?)


■もっと汗臭いメイド

潰れたアホの子は放置で、残った面子は引き続きゲーム大会。

今回は、タイトルは失念したのだけど、ニワトリをうまいタイミングで売りさばく
カードゲーム(この書き方ではさっぱりわからない!)

泥棒になって、盗んだ品物をうまいタイミングで売りさばくゲームなど。

夕飯前にやった気もするけど、そのへんはアバウトに。

そして、寝る前に、ドミニオン型のデッキ構築型カードゲーム『たんとくおーれ』をプレイ。
カードがほとんどメイドに入れ替わったドミニオン(プレイ中に場のカードを購入して、
デッキを構築し、ゲームを進めていくゲーム)

http://www.arclight.co.jp/ag/tc/index.php?page=product&id=01

ドミニオンとの違いは、メイドを側仕えとして雇うことで、
永続的に様々な効果を発揮させること。
ゲームが少し重い代わりに、爆発力のあるゲームという印象でした。

まあ、僕は側仕え、うまく扱い損ねて、完全に一人負けだったわけですが。
料理と間違えて人を殺してるようなメイドがいたら、粘着したのに……。

そんなことをしていると三時前。
あら? 明日はコミケ三日目じゃないの!?

ということで、速やかに寝ました。

まだもうちょっと続きます。

拍手

ということで、コミケ日記の続き。
いまだ一日目。13日後半!


■オーガーズーモー
上野を出て、宿泊先の友人卓に向かいました。
で、夕飯に餃子をもっさもっさ食べつつ、友達の持ってきたボンクラ映画鑑賞。

作中のポルノ映画『オーガズモ』を描いた映画ですが、オーガズモはヒーロー。

オーガズモ「絶頂光線で昇天だ! み~~(発射音)」
敵「あ、あふーん!」

とか、そんな感じ。
あと、バットマンに対するロビン的存在は、頭からチンチン生えたメットかぶった、
チン坊。

酒を飲みながら観ていると、なんだかすごくよい気分になって、ちょっと寝た!

絶頂光線で昇天だ! み~~(発射音)

■プリーズ・コール・ミー・ノブ
夕飯を食べた後、友達の持ってきたカードゲームを色々遊びました。
いや、実際には食べる前にも遊んでた気がするのですが、
ここはもう、いっしょくたで。

・NOBUNAGA
だいたい、織田包囲網ぐらいの世界観。
織田信長の部下になって、いっちょ敵将を殺して、手柄を得るぜ!
というカードゲームですが、このゲーム、ノブが勝手に戦場に出てきて、
勝手に手柄を立てます。

で、ノブ以下の得点の人はアウト→打ち首。

ノブが相当有能なので、ノブを戦場に出さないようにしながら、
他の仲間より得点を稼ぐというおもしろいゲームでした。
ノブこええ! 武田よりも上杉よりも、第六天魔王こええ!

・Dixit
抽象的な絵柄の描かれたカードを、他のプレイヤー全員にはわからないように、
しかし、一人以上にはわかるように加減しつつ説明するというゲーム。

具体的に説明すると、「これから竜を殺すような絵柄」のカードを
「ドラゴンキラー」と言ってしまわず「戦いの始まり」とか、ぼかしつつ言葉にする感じです。

で、人にイメージを伝える職業に就いている僕は、負けるわけにはいかないので、
がんばりました。

「じゅるじゅるにゅるにゅるん、ん、んぼぉぉぉ、おぉぉん!」(誰も正解せず)
「誘惑光線発射! ビー! ら、らめえええ!」(一人正解した)

綱渡りだぜ!

でも、そこそこの順位はキープできたので、僕はまだラノベ作家やっていいと思います。

他にもゲームやったような気はするし、何か別のこともした気はしますが、
とりあえず思い出したところのみで。

こうして、一日目は遊び疲れるまで遊んで幕を閉じるのでした。

二日目へ続く。

拍手

忍者ブログ [PR]