忍者ブログ
ライトノベル作家、八薙玉造のblogです。 ここでは、主に商業活動、同人活動の宣伝を行っております。
twitter
プロフィール
HN:
八薙玉造
性別:
男性
自己紹介:
 ライトノベルをガリガリと書かせていただいている身の上です。

メールはtamazo☆carrot.ocn.ne.jpまで。(SPAM対策で@を☆に変更しています。@に直してお送りください) 
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
カウンター
忍者アナライズ
[316] [315] [314] [313] [312] [311] [310] [309] [308] [307] [306]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忙しかったんじゃないのかよ!?
と、つっこまれそうですが、観に行ったから、首がどんどん絞まったに決まってるだろ!?
と、返しつつ。

『サマーウォーズ』と『仮面ライダーディケイド オールライダー 対 大ショッカー』の
感想など書こうと思います。
ネタバレ全開なので、お気をつけください。

拍手


■サマーウォーズ
観てきました。
前評判どおり、最初から最後までおもしろい映画でした。
とにかく、次から次にイベントを発生させて、伏線をふり撒いていき、
それを丁寧かつ迅速に回収していき、なおかつ、出てきたキャラクターには
きちんと見せ場を作り、画面もガンガン動かしていくので、
寝不足で観に行ったにも関わらず、始まったら、最後の最後まで
眠気など一切感じませんでした。

お話自体は、直球で、こちらの涙腺に訴える部分も、
『家族』『お婆ちゃん』『追い込まれての大逆転』と、ひねりなど何もないのですが、
むしろ、それを丁寧でぶれずに描くので、そりゃあ、盛り上がらないのが、
無理というものだなーと思いました。

個人的には「というか、この家族じゃなければ、世界救えなかったよなあ」とか、
「先輩との初期の関係はもう少し描いてほしかったなー」とか、
「うっかりミスで戦況悪化って、酷いにもほどがある!」とか、
色々と気になるところもあったのですが、そのあたりすら、ゴリ押しで
「いや! でも、まあいいか!」と思わせられるのは本当に凄い。

手数と正確さは一線越えると、それだけでとんでもないものになるもんです。
そういう手法に関しては、正直、参考にしていきたいですけど、
僕のスペックが圧倒的に足りなさ過ぎるなー。

あと、一番のネタバレ話なのですが。
CMでナツキ先輩が巫女の姿するのかどうなのか!
というところに、もう、ほんと楽しみにして観に行っておりまして、
「世界中のみんなの力で先輩が巫女にー!」とか、そのシーンで
ほとんどイキそうだったのですが!

ぎゃふん。


ナツキ先輩の狐耳袴アバターはかわい過ぎると思うねん。


■仮面ライダーディケイド オールライダー 対 大ショッカー
使え! 脳味噌を!(褒め言葉)

昭和ライダーと平成ライダーがもうたくさん出て来て、
それがボカスカとプロレスして、巨大な悪にいくなんでも多過ぎる数で立ち向かう!

おもしろくないわけがない!
散りばめられた小ネタと、過剰なサービス。
宣伝のために身を惜しまず、空気を読む気のないWさんと、
凄まじいまでのお祭映画でした。

ことあるごとに口元抑えて、身体ビクンビクンなりました。

同じぐらい、ストーリーには難があったというか、ディケイドさんは
ほんと偉い人の言うことにホイホイ乗り過ぎとか、もう(笑)
なのですが、夢のバトルが片っ端から観れたので、大満足です。

それにしても、まっとうなことを言い始める鳴滝さんは、世界じゃなくて、
腹筋を破壊してくれる……!

同時上映のシンケンジャーもおもしろかったです。
例年の戦隊ものだと、ドラマ部分をある程度入れてくるのですが、
今回はのっけから「敵は一万人! どうするシンケンジャー!」から、始まって、
ほぼ、1万人腐れ外道衆対シンケンジャーなので、ダレる間などありません。

そんな話の中できちんと、キャラ立てした上で、ほとんど外野のゴールドを、
らしい立ち位置で動かした上、腑破十臓と絡ませたりするのだから、
ほんと脚本に隙がないなーと思いました。

今年の夏映画はおもしろいものばかりです。
と、満足しつつも、どちらの映画も観に行って、帰った後には、必死で原稿やっていたのも、
喉元過ぎればいい思い出! 熱さはもう忘れた!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]