忍者ブログ
ライトノベル作家、八薙玉造のblogです。 ここでは、主に商業活動、同人活動の宣伝を行っております。
twitter
プロフィール
HN:
八薙玉造
性別:
男性
自己紹介:
 ライトノベルをガリガリと書かせていただいている身の上です。

メールはtamazo☆carrot.ocn.ne.jpまで。(SPAM対策で@を☆に変更しています。@に直してお送りください) 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
忍者アナライズ
[126] [125] [124] [123] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 というわけで、東京遠征から帰りました。
 いつもはコミケ合わせでの上京でせわしないことが多いのですが、今回は純粋遊びに行くってことで、何かに終われている充実感こそなかったものの、存分に楽しんできました。あちらで世話になったみんなに感謝。
 あと、この日記の行間には「そして、ボーイにセクハラした」という言葉が含まれていますので、それらを含めてお読みください。

拍手



 今回はいつものように夜行バスでの往復で、僕は三日の夜に家を出ました。で、バスに乗ったわけですが……これが暑い。夏場であれば冷房がガンガン効いていて、空調の噴出し口の調整さえすることができれば温度の調整はできるし、冬は暖房と上着で温度調節できるんですが、この時期は上着一枚での調節しかできず、少々辛かったです。
 毎度、バスの乗ると同時に眠りこけるのに、多賀のサービスエリアまでまともに眠ることできなかったですし。



※多賀サービスエリアの狸さん。あまりに神々しかったのでつい。

 それでも、だんだん室温にも慣れ(たぶん、空調も調整されてた)いつの間にか意識を失い、ふと気づくと外が白んでいました。

 東京到着。
 そこから滞在先であり、戦場である次男ハウスのある川口まで電車で移動し、合流時間まで朝マック。食いたかったのですよ、マックグリドルとやらを。非常においしゅうございました。ついでに一時間程本など読みつつ、優雅な時間を過ごしました。マクドで優雅気取りできるこの二束三文感覚!

 で、迎えに来てくれた紀野さん、たかしまさん、駅前に到着した双月さんと合流し次男ハウスへ。

 今回集まったのは長男、ギガ様、紀野さん、たかしまさん、空くん、双月さん、稲持ボーイ。いずれ劣らぬHENTAIども。まったっくどうしようもないぜ!
 ちなみに、次男は仕事が忙しいので夜になるまで帰って来ません! すまん、次男。

 そんなこんなで次男ハウスに到着すると、掃除中のギガ様が「じゃぁ、三男は風呂掃除な」年末も風呂掃除だったんですが、今回も風呂掃除のようです。そして、案の定、年末ぐらい汚れている次男風呂。まったく掃除のし甲斐があるぜーーー!

 わりと必死気味に掃除をした後、昼食を食べつつ、今回の目玉である遊戯王のシールド戦の準備を開始しました。全員に同じ種類のパックを配り、出たカードで即興でデッキを構築して勝負するという運と構築能力を試す勝負形式です。賞品とかかかるから、わりと必死気味!

 デュエルッ!!(デュエルディスク構えた気になりつつ)

 結果から言えば、たかしまさんの圧勝でした。
 デッキの構成能力、カード知識と基本スペックが高い上に、カードのヒキが鬼のようで、強力なカードをバシバシ繰り出してくるので手に負えません。ほんと手も足も出ずにぶっ殺されたよ! ぶっ殺してやる!
 僕自身もカードのヒキはよく、切り札となる手札も充実していたため、二位に落ち着くことができました。普段使わないカードを無理矢理に使わないといけないとか、意外なカードが切り札として能力を発揮したりとか、なかなかにおもしろい試みでした。
 MVPカードが『マジ切れパンダ』だったデュエルもあったし! ありえねー!

 その後、飯の準備の傍ら、長男がいただいたダイボウケンと、僕がもらったダイタンケンを組み上げ、さらにアルティメットフォーメーションしました。この時点ではどちらがダイボウケンにするか、ダイタンケンにするか決めてなかったのに、「まずはアルティメットフォーメーションしよう。それから考えよう」と言った長男は天才じゃないかと思います。



※ということで、二枚目の写真はアルティメットダイボウケン。隣のペットボトルを見てもらえばわかると思うのですが、さすが十体合体。狂ってます。

 その後、コンロとホットプレートを並列使用して焼肉開始。トントロとか美味しすぎて、とりあえず隣に座っていたボーイにセクハラしっぱなしだったのは酒ゆえです。しかたなし。
 途中、次男も仕事から無事帰還し、持ち前のイラッと来る発言を聞いたり殴ったりしながら和気藹々と食事を楽しみました。あと、ボーイにセクハラ。ここ、行間と本文で二重のセクハラになっているあたり、その頻度をお察しください。
 肉食ってる間にマモーが死んでました。

 食事の後、次男が寝る前に先日の日記に書いた武器と、ボーイの持ってきてくれたゲキヌンチャク、次男のザビゼクターをフルに用いて同人誌の準備も行いました。今回も、力入れなくていいところに無駄に力が入ってます! 鼻で笑ってください。

 そして、仕事に疲れた次男が床につき、ボーイが無防備に寝顔を晒し、空くんが仮眠をとる中、満を持してボードゲーム『ゾンビーズ』(ゾンビの溢れる街からゾンビをぶっ殺しながら脱出ゲーム。ゾンビを二十五体ぶっ殺すか、ヘリポートに辿りつき、そこにいるゾンビを全てぶっ殺せば勝利)を開始! もう午前零時過ぎてたわけですが、そんなことで僕らの虐殺魂は止まりません!

 前回、年始のゾンビーズでは開始早々に「見ろ! ショットガンだ!」のイベントカードを使ってゾンビの中に突撃。速効で弾が尽きていきなり死亡するというイカスプレイをしてしまったため、今回の僕はひたすら慎重。延々、他のプレイヤーの後をついて周り、ゾンビが殺されて安全が確保されれば先に進むというクレバーなプレイを行いました。人のことを「このチキン野郎!」「死ね、チキン」とか言うのはやめたまえよ。
 とにかく終始漁夫の利を狙っていたわけですが、午前五時。コンスタントにゾンビを殺し続けていた長男がゾンビ撃破二十五体を達成してしまい、ゲーム終了。プレイヤー攻撃ルールがあれば後ろからズドン!! だったのになー。
 あと、ゲーム中、延々流れていた『鷹の爪団』は殺伐としたゲームを和ませてくれました。

 たーーかーーーのーーーつーーーめーーーー。

 そんなわけで戦い疲れたところで就寝。当然のように眠るボーイの横に入ったら、奴め! わざわざ起きて逃げやがった! このチキン野郎!

 続く。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]