忍者ブログ
ライトノベル作家、八薙玉造のblogです。 ここでは、主に商業活動、同人活動の宣伝を行っております。
twitter
プロフィール
HN:
八薙玉造
性別:
男性
自己紹介:
 ライトノベルをガリガリと書かせていただいている身の上です。

メールはtamazo☆carrot.ocn.ne.jpまで。(SPAM対策で@を☆に変更しています。@に直してお送りください) 
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
カウンター
忍者アナライズ
[308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

興奮冷めやらぬ感じなのですが。
世間に遅ればせながら、ようやく観て来ました。
ということで、今回もこの後はネタバレしていますので
御容赦くださいませ。

拍手


すごく語彙の貧しい言い方になるのですが。
なんかこう、どうしようもなくおもしろかったです!

まず、エンターテイメント映画として、ロボットものの映画(エヴァをロボットと定義するかはさておいて)としてでき過ぎていて、
次から次に攻めてくる強敵! それらを撃破して登場する新キャラクター!
さらなる強敵の登場! 力を合わせて、それを撃破するエヴァンゲリオン!
それでも、さらに強い敵が現れて、もうどうしようもない時に主人公奮起!
奇跡が起きた! そして、敵は死んで、ヒロインは救われた!
だが、物語は続くのだ!
と、少なくとも、表層はそういう風に見えてしまう形で、テレビ版の流れを(かなり筋も趣旨も違ってきているとはいえ)圧縮しているため、異様にテンポよく観ることができてしまいました。

いや。今、書いてて整理できたのですが、実際、ほんと流れ自体は王道も王道なのですな。
新ゼルエル(第10の使徒)はほんとどうしようもない強さで、切り札を使っても、主人公以外の
エヴァンゲリオンは一矢報いることもできず、ヒロインは取り込まれ、
もはや主人公が最後の希望!
とか、本当にどこまで王道なのか。
道理で気持ちいいはずです。無論、旧作の流れもそうなのですが。
(もちろん、裏に流れる部分もあるから、単純にそうではないのだけど。少なくとも、表層は恐ろしく王道と言えてしまう)


で、それはそれとして、加えて、旧作のエヴァンゲリオンを観てきた僕
(多分、同じ世代で作品に触れた人の多くが該当すると思うのですが)には、
旧作と違う使徒の登場と、その使徒たちと新しいエヴァンゲリオンの戦いが、
まず新鮮で楽しく。
そして、ほんの少しずつだけど、明らかに違っていくお話の流れが、
よい方向に話が触れた時には、思わず嬉しくなり、
しかし、そこから先に旧作で起きた破局を想像しつつも、その回避を願い、
心をざわつかせ、裏切られ、似ている話なのに、どこに着地するかわからない不安と希望と、
様々な感情を呼び起こさせるので、相乗効果でたまらなくおもしろく感じられるのだなーと思いました。

あー。もう。
ほんと、おもしろかった。

唯一の不安は、次回が楽しみ過ぎるということ。
どう転がるかわからないだけに、期待も不安もひとしおで、
でも、やっぱり観に行ってしまうのだろうなーというか、観に行くに決まっている。

帰り道、原付に乗ってる時、本当に久々にThe Beastを鼻歌で歌ってしまうほどに、
おもしろかったです。ああ、もう一度観に行きたいし、あのテンポはそれを許してくれる。

で、新キャラのマリなんですけど。
僕はこう、追い込まれても痛い目にあっても、はったり上等で、歯を剥いて無理矢理笑って、
獰猛極まりなく真っ向勝負な女の子が大好きなので!
なんかもう、想像していたのと全然違うキャラ造形で、終始ワクワクしておりました。
仮設五号機ともども、かわい過ぎる!

ともかく、旧作エヴァに触れたことのある方には、ぜひとも観に行って欲しい映画で、
観た人と、色々話をしたいと思う映画でもありました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]